ども、かよこ(@nayo74)です。

書き留めたいことがあったので、本日2回目の投稿です。

実は今日、会社に研修でこられた方にデザインのお話をしてきました。

(ブログのデザインかえてないままで、恥ずかしいながらですが。。。)

その中で気づく点、また振り返っての反省点などをまとめていこうとおもいます。

研修生の方

職業訓練で委託されての実習で、3日間生徒さんがこられるということでした。

今回の年齢層は18〜50代の方 でしたが、20代の方が一番多かったです。

受講された目的としては3つほどに分類できました。

  • デザインが好きで制作がしたい方
  • 事務メインでwebも更新できるようになりたい方
  • 自社サイトを作りたい自営の方

やっぱり20代あたりはデザイン好きだからでこられた方が多くみられました。

デザインについて話した内容

デザインとアートの違い〜設計の重要さ

前半はデザインについて軽くお話しました。

今まで実際私がデザインしてきて思ったことですが、

学生のときに作っていた感覚と違った状態で、今は制作しています。

社会にでてデザインとなると、クライアントが目的を持って発注し、

受注した側は現状を分析し、設計することが重要です。

webサイトっていうとデザインの見た目に魅力を感じてしまいますが、

設計がきちんとできていないと、デザインも正直うまくいかないことが

多いです。なので、そのあたりのポイントをお話しました。

PDCAのサイクルも大事なポイントです。

参考:

デザインの基本

次はデザインの基本について。

フォントの扱いやジャンプ率、ホワイトスペースについてお話しました。

フォントについて

目的にあったフォントを使用することで与える印象が変化。

明朝を使うと、文字が並んでも読みやすい。ゴシックだと、ぱっと見た時に

インパクトを与える。

ジャンプ率

ジャンプ率とは、テキストレイアウトにおける本文と見出しの文字サイズの比のこと。画面のメリハリを与えるのに重要。

ジャンプ率が高い(見出しと本文の比率が大きい)と、躍動感がでる。

ジャンプ率が低い(見出しと本文の比率が小さい)と、落ち着いた印象に。

ホワイトスペースについて

文字や画像などが何も記されていない余白部分のこと。

余白をとることで視覚的に文章などの要素がブロック化され、目をひくポイントに。

参考:

 修正前と完成系

今までの実績のチーフチェック前の制作したものを確認してもらい、修正を反映したぱたーんの2種類をみてもらいました。はじめに話したホワイトスペースやジャンプ率などの話も交えてお話しました。

あとバナーについての記事があったので、こちらも参考にみてもらいました。

こちらの記事についても、改善前と改善後が分かりやすく紹介されているので、

おすすめです。

100種以上の自社広告運用でわかった!バナー広告クリエイティブ4つの基本

実演講義

後半はfireworksの実践へ。

授業ではphotohopを習っていたらしく、fireworksは初とのこと。

スライス、シンボル化、マスク化、パスツール

は一応レクチャーしてみましたが、なかなか説明するのは難しかったです。。

後半は時間たりず、自分の力量足りずを実感しました。

なかなか短時間での説明がうまくいかなかったので、私もお気に入り!の

fireworksマニアさんをおすすめしました。

下記記事とかは、私もお世話になりました。

最後に反省

自分がしていることを、人に伝えるのは準備をきちんとしてしないと本当に難しいんだなと実感しました。何気なく自分自身が学んできたことを整理して教える。

今回の経験で、私自身も教えられたことがいっぱいあると感じました。

難しかったので、楽しかったです♪今回の経験を生かし、次につなげたいです〜

 

あと告知。今月終わりの27,28日にハッカソンに参加してみます。
ハッカソンの参加ははつなので、ドキドキ。まだ参加できるようなので、
興味ある方は是非。

http://designers-hack.net/event/003msuc/

 

 

Popular Posts: