10360197_682523251783751_6692304596704941109_n

2014年6月7日(土)にWordPressのイベントの
WordCamp Kansai 2014でご縁あって、登壇してきました。

WordCamp Kansaiはじまり!

今回はグランフロントの会場で、大勢の方が来場されました。
スタッフTシャツ来た瞬間から、心臓バクバク。
200人入る部屋で登壇?こんなにひと来るの!?って
実はだいぶテンパってたようで、緊張で朝はガチガチでしたw
(いつも以上に人見知りしてる気がしたのも、緊張からだった)

チームで作るwebサービスとして、Scoobで登壇しました。

10245279_682526661783410_9030771861732627840_n

「やりたい!」が「できた!」に変わる。チームで作るWebサービス – Scoobの場合

WordPressを使ってwebサービスをチームで運営している例が少ないことから、
webデザイナーのためのイベント情報サイトのScoobを例に、
上記テーマで2人で登壇させていただきました。
Scoobができるきっかけからはじまり、7人のナナカラムというチームでどのように
Scoobを運営しているのか、更新しやすいように工夫した点などをプラグインの紹介など
を中心にお話しました。(詳しいきっかけは、Scoobのブログで書いてるのでみてくださいね)

私らナナカラムのチームのやり方

決めきらないを大事に。リーダーはいません。

私らの場合ですが、がちがちに固めきらずに、”決めきらないこと”に余白を残しつつ、
そこを大事にしています。リーダーもいません。みんながやりたいって思ったことを
していく、そういう部分がうまくいってるコツなのかもしれないです。

+αで楽しむ=モチベーション

他に+αがあるから、モチベーションが繋がるということ。
コンビニのパン袋でなくて、ご飯をみんなで作って食べたり、ウコンで乾杯したりとね★
めりーとはりーのメリハリで、楽しいことがあるからこそ、みんなで作る。
そのポイントは大事です。楽しんでこそのチーム運営なのではないでしょうか。

集めるでなく、集まった

人を集めよう!って意図的に集めるのでなく、したい!と各々の意志があって
集まったっていうのも、チームとして続いているポイントなのかもしれないなーって
最近思います。きっかけはScoobを作る!でしたが、ナナカラムというチームで
他のこともしていきたいと実は計画していて、それもこのメンバーだと作るのが
楽しい!もっと一緒にしたい!って気持ちがあったからだと思います。

私が伝えたかったこと

「やりたいことがある」→「周りに言うてみる」→「素敵なことが起こるかも」
元々は私が欲しいと思って声をかけたことからはじまりました。
なので、何かしようかな〜したいな思ってる人がいたら、
是非周りに一言いうてみる勇気を持ってみましょう。
素敵な何かが起こるかも?しれませんよ★

あとちなみに、私あんまりWordPressは得意ではないのですが、
WordPressなどのコミュニティなどで仲間と繋がりました。
コミュニティで繋がった縁で、今回もWordCampという大きな場で
登壇させていただきました。本当に感謝。

またスライドは後日発表しますね★

他のセッションを聞いて

WordCamp Kansai 2014デザイナーが感じたGPLライセンスとWordPress

ScoobメンバーでもあるあやさんのGPLについてのセッション。
恥ずかしながら、GPLという用語をしらなくて、今回のきっかけで
はじめてしりましたが、わかりやすいスライドと可愛らしい絵で
知ることができました。
GPLはフリー、WordPressはGPLであるから、誰でもフリーで利用することが
できるし、WPに関連するテーマがプラグインがこんなに開発者によって
大量に用意されているのも、GPLだからということがわかりました。
(今回の公式キャラ、わぷーもGPLだとか)
なかなかGPL問題については、難しい点もありますが、受託制作者の位置づけも
素敵な絵で説明されていました。

スライドはこちらから見れます。絵かわええー。
http://www.slideshare.net/ayakasumida/gpl-35627958

WordPressを使って3日で作るウェブサービス Case:失恋.jp

失恋.jpのwebサービスを展開する、カイトさんのセッション。
自分自身が失恋したことをきっかけに、失恋のキーワードからみつけた
オシャレグッズをヒントに、失恋のwebサービスを3日で完成させたという方。
サービス内容としては、失恋話を投稿者が登録していけるというもの。
投稿者が記入しやすいような管理画面の設計の仕方などのプラグインを中心に
紹介されており、お客様用に管理画面を用意したい場合の参考になりました。
それにしても、3日で作り上げちゃう勢いはすごい!

クラウドデータとWordPressのAPI連携

WordPressのプラグインなども開発される堀家さんのセッション。
クラウドサービスを使って、便利に情報を引っ張ってくるというお話。
少し技術的な部分があり、難しかったのですがgoogleやamazonなど
便利なAPIがすでに用意されてあり、うまく連携して利用することで
リアルタイムな情報がすごく効率よく利用できるっていう点は
使ってみたら便利そうと感じました。

聞きたかったセッション

WordPressの創始者マット・マレンウェッグさんによる基調講演

今や世界中で使われるWordPressの創始者のマットさんのお話。
生い立ちやWordPressのうまれるきっかけなど、お話されたようで
早速ギガジンの記事にあがっておりました。
せっかくなので、お聞きしたかった・・・!

どうでもいいですが、多分、来るときに爽やか笑顔でエレベーター前で
すれ違ったのはマットさんでした…!お話してみればよかった!
イケメンでした。

WordPressの創始者マット・マレンウェッグが来日、
WordPressとウェブの未来について語りました
http://gigazine.net/news/20140607-wordpress-matt-mullenweg-speech/

WordPressで実制作までまるっとHAPPY!フリーランスママの愛されディレクション

こちらも、聞いておきたかったセッション。
子育てをしながら、1日3時間という限られた時間の中で
全力で働いておられるあいみんさんのセッションでした。
さっそくスライドも公開され、拝見させてもらいましたが、
「お客様は我が子」っていう表現が素敵ですね。

こちらから、スライドご覧になれますので、ぜひ。
http://www.slideshare.net/aiminmin/wordcamp-kansai-2014-35597308

参加を終えて

今回は、登壇という形で参加させてもらいましたが、
スタッフの方々、そして来場してくださったたくさんの方々、
本当にありがとうございました。
WordPressというツールがここまで愛される理由も分かった気がしますし、
更新として利用する側だけでなく、もっとWordPressをしろうと思います。
いい勉強+経験をありがとうございました!

最後に、スライドをここまでまとめてくれ、メインで話してくれた完山くんと
夜中まで登壇の練習に付き合ってくれ意見をくれたScoobのみんな、
本当にありがとう。Scoobをやってきてよかった。
やりたいこと伝えて、Scoobを作ってよかった。
ナナカラムのメンバー大好きです。

そしてScoobをこれからもをよろしくね★

10390956_682543331781743_112405834119634860_n

おまけ

10325713_769532116411195_4465593841482345643_n

WordCampグラサンといかつい仲間たち。
2次会でえらく酔っ払って、ええかんじの写真とれましたw
最後まで楽しかった!ありがとうございましたん!